オペレーティングリースとファイナンスリース

広告

オペレーティングリースとファイナンスリースの違い

先日、社の後輩からリースについて質問されました。

 

「会社の業務用車をオペレーティングリースと
ファイナンスリースのどちらで導入するかを聞かれたんですが、
オペレーティングリースとファイナンスリースの違いが分かりません。」

 

というものでした。

 

リース会計に関しては簿記1級で詳しく習うのですが、
ここでは簡単な概要だけお伝えしようと思います。

 

オペレーティングリースとファイナンスリースは、
法人が車や機械などを導入するときに、
自社の資産として計上して、

 

毎年減価償却をするか(ファイナンスリース)、
毎月リース料を支払ってその代金を費用として
計上するか(オペレーティングリース)の違いによります。

 

法人は面倒の少ないオペレーティングリースを
選ぶことが多いです。

 

なぜなら、オペレーティングリースの場合、
リース期間が終われば対象物を返して、
また新たなものをリースすればよいので、
常に新しいものを使用できるし、
使い終わったものを売ったりする面倒がないからです。

 

車やコンピューターなど型式が良く変わるものは、
特にオペレーティングリースが良く使われます。

 

一方ファイナンスリースは、支払い期間が終われば
自社のものになるので、それ以降の費用が発生せず、
長く使えば使うほど利益に貢献します。

 

これは、家具やその会社でしか使われない大型機器を
導入した時に使われることが多いと言えます。

 

通常は、導入するものによって、会社にとってどちらが
得かを考えて使い分けます。

 

簿記のちょっとした疑問に戻るオペレーティングリースとファイナンスリンス

オペレーティングリースとファイナンスリース記事一覧

「法人」の意味

法人とは、個人ではないが法律によって人としての資格(権利や義務)を与えられた団体や企業のことで、法人の分類は以下のようにできます。1.公的vs私的法人 ・公法人-例:国、地方公共団体など ・私法人-例:会社、私立学校など2.公益vs営利法人 ・公益法人-宗教法人、NPO法人など ・営利法人-株式会社...

≫続きを読む

 

「計上」ってなに?

計上とは「取引」が発生した時に、その内容を資産負債収益費用に分けて、記帳する(仕訳する)ことを指します。計上という言葉は、「取引先にお土産を持っていったとき、この購入金額を経費として計上しました。」や「掛けで売上を計上しました。」のような使われます。「オペレーティングリースとファイナンスリースの違い...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 簿記について 簿記の基礎 勘定科目 試験準備 よくある質問 合格のヒント 簿記3級用語集