小口現金の仕訳

広告

⑤小口現金の活用

ここでは、簿記3級で出題される仕訳を勉強します。

 

切手の購入や、顧客へのコーヒー代など、現金で支払う金額の小さい
ものは「小口現金勘定」を使います。

 

1.小口現金係に小切手10,000円を振り出して小口現金を補給した。

仕訳小口現金

 

2.小口現金係から、以下の小口現金の支払の報告を受けた。当社は定額資金前渡法を採用しており、小切手により直ちに補充した。(切手代 500円、文具代 300円、雑費 200円)

定額資金前渡法

⑤仕訳(小口現金の活用)記事一覧

小口現金仕訳①

1.小口現金係に小切手10,000円を振り出して小口現金を補給した。1.借方勘定金額貸方勘定金額小口現金10,000当座預金 10,000

≫続きを読む

 

小口現金仕訳②

2.小口現金係から、以下の小口現金の支払の報告を受けた。当社は定額資金前渡法を採用しており、小切手により直ちに補充した。(切手代 500円、文具代 300円、雑費 200円)2.借方勘定金額貸方勘定金額通信費事務用品費雑費500300200当座預金 1,000

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 簿記について 簿記の基礎 勘定科目 試験準備 よくある質問 合格のヒント 簿記3級用語集