簿記3級合格のためのヒント(問題別)

広告

簿記3級の受験で気を付けること(問題別)

簿記3級の受験中に気を付けることをまとめてみました。

 

一つひとつは小さいことでも、この1点があなたの合格を
左右するので、ちゃんと覚えておいてくださいね。

 

第1問

 

≪指定された勘定科目以外は使わない≫

 

第一問目では、あらかじめ勘定科目が与えられます。
たとえ正しい勘定科目を記入しても、ここにない勘定科目なら
それは、間違いです。

 

ここは、一番点数が取りやすいので、20点全部とれるように
慎重にやりましょう。

 

ですから、指定された勘定科目をしっかり確認して、記入しましょう

 

 

第2問

 

≪帳簿記入の問題かどうかをすばやく確認≫
取引や資料から、現金出納帳や商品有高帳、売掛金・買掛金元帳へ
記入する「帳簿記入問題」に当たったらラッキーです。

 

複雑そうに見えても取引を仕訳してみると案外スラッと解けたり
するからです。

 

一呼吸して一気に解いてしまいましょう。

 

≪帳簿記入+αの問題が出たら≫
通常は帳簿記入の部分はさほど難しくなく、そのあと試算表を
埋めさせたりするような複合問題が出題されることがあります。

 

この場合、かなり時間がかかる可能性が考えられます。

 

2問目は8~10点です。

 

帳簿記入の部分だけでも、得点はありますので、この場合
まず、帳簿記入の部分をやって、後の部分が時間が
かかりそうなら他の問題が終わってからやりましょう。

 

最悪、他の部分で挽回できるので、ここであまり時間を
かけないようにこころがけましょう。

 

第3問

 

≪8割得点でOK≫
通常は試算表が出題されます。

 

配点は30+点ですが、全部を獲得する必要は
ありません。

 

8割がた、つまり25点ぐらい獲得すればよいのです。

 

借方と貸方の合計は計算しますが、合わなければ
合わないでもOKです。

 

簡単な間違いかどうかは、左右の差を見て、それが
勘定科目のどれかと合致すれば、単純ミスの場合
が多いので、そこだけをチェックしてみてください。

 

ただし、すでに数値が与えられているものを書き移しても
得点にはならないので、最初から合計を放棄するのもありです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 簿記について 簿記の基礎 勘定科目 試験準備 よくある質問 合格のヒント 簿記3級用語集