事業主貸と事業主借

広告

事業主貸と事業主借

青色申告(青65)の申告時に、通常の簿記3級では
習わない勘定科目があります。

 

 

「事業主貸(じぎょうぬしかし)」、「事業主借(じぎょうぬしかり)」というものです。

 

これらは、資産又は負債に属する勘定科目で、
事業側から考えた貸と借を記帳するための勘定科目です。

 

まず、最初に事業用としてある程度の金額を用意した場合
事業はあなたから現金を借りたことになりますね。
ですから、

 

現金 xxxxx  事業主借 xxxxx

 

となります。

 

そして、事業用の資金や収益からあなた個人のための
金額を支払った場合、

 

あなたへの貸しになるため、

 

事業主貸  x x x x    現金  x x x x 

 

となります。

 

事業主の生活費は経費にならないため、
個人の消費と事業の経費を明確にしなければならないのです。

 

ちなみに「事業主貸」の例としては、

 

●事業用の現金が少なくなったので、個人の預金(現金)から入金した
●事業用の預金が少なくなったので、個人の預金(現金)から入金した
●事業用の経費を個人の現金(預金)から支払った
●事業用の預金に利息が発生した 

 

などの場合が考えられます。

 

あとは、簿記3級で習ったとおり、日々の取引を記帳し、
期末に貸借対照表と損益計算書を作成すればOKです。
やってみる価値はありますよね。

 

税金の話に戻る税金の話


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 簿記について 簿記の基礎 勘定科目 試験準備 よくある質問 合格のヒント 簿記3級用語集