副業で税務申告をする

広告

副業で税務申告は必要ですか?

私の親類が、子供英会話のフランチャイズで
塾をやっているんですが、

 

以前は、本社で税務計算をしてくれていたので
何もしなくてよかったんですが、

 

最近自分で確定申告するように言われて
市販のソフトを使っているのですが、

 

簿記の知識がまったくないので、
ソフトに言われるままに入力をしているので
自分が何をしているのか全く分からないまま
確定申告をしていると
恐ろしいことを言っていました。

 

その彼女が少し簿記を勉強してみたいとのことなので、
同じような悩みを持つ方のために、

 

簿記3級の知識でできる
確定申告について書いてみたいと思います。

 

あなたが、会社員で、年末調整済みの収入の他の
収入が20万円を超えない場合は、
そもそも申告の義務がありません。

 

でも気をつけなければいけないのは、その他の収入には
HPやブログからの広告収入のほかにも、株式売却益などの
収入が含まれることです。

 

また、この収益を得るために発生した費用(たとえばブログに
アップする写真を撮るためのカメラや、新しいPCなど)は
ブログ専用であれば費用として収益から相殺できます。

 

ですから、もし、これらの金額が20万円を超える場合
確定申告をする必要があります。

 

★雑収入は20万円を超えた分だけ課税対象になるの?★

 

注意が必要なのは、収入が20万円を超える場合、
税金は、20万円を超える部分ではなく、全体にかかります。

 

とは言え、通常の雑収入の確定申告には、はっきり言って簿記3級で
身に付けた複式簿記の知識は必要ありません。
ではどういった状況で簿記3級の知識が発揮できるのか?

 

それは、あなたの雑収入が、

 

毎年定常的に20万円以上を超えるようになった場合
税金対策として青色申告を考え始めた時に必要に
なってきます。

 

税金の話に戻る税金の話


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 簿記について 簿記の基礎 勘定科目 試験準備 よくある質問 合格のヒント 簿記3級用語集