簿記の流れ

広告

簿記の流れ

簿記3級を勉強するにあたって、簿記の流れを知ることは重要です。
ここでは、簿記の流れを見ていきます。
「簿記の基礎の基本」で専門の言葉を使わず説明しましたが、
ここでは簿記3級で必要な用語を使って説明します。

 

通常簿記の流れは以下の図のようになっています。
簿記の流れ

 

1)簿記上の「取引」

 

通常の会社で取引と言えば、商品やサービスの売買の約束を指します
(取引成立)が、簿記上の取引は少し意味が違います

 

簿記上の取引は、「財産の増減に関する活動」のみを指します。
このため、通常の「取引が成立した」時点では、まだ財産は増減する
行動を行っていないため、取引とはみなされません。

 

商品やサービスを提供し、債務が実際に発生した時点でのみ、
財産が増減する行動があったとして簿記上での取引が発生します。

 

また、簿記上の取引は家賃や光熱費などの費用の支払いや、
銀行預金の金利の受け取り、災害による建物や備品の損害
なども、「財産の増減に関わる活動」として取引とみなします。

 

それではここで「取引」の例を見てみましょう。

 

 

≪取引の例≫
① 1月5日  A業者からQ商品100ヶを現金100万円で仕入れた
② 1月10日 B商店ににQ商品75ヶを150万円の商品を月末払いで売った
③ 1月15日 会社の車をぶつけられて30万円の修理費を現金で支払った
④ 1月18日 車の修理費に対して保険で25万円現金で支払われた
⑤ 1月31日 月末にB商店から150万円を現金で回収した
⑥ 1月31日 月末に会社の家賃20万円を銀行引き落としで支払った
⑦ 1月31日 月末に光熱費3万円を銀行引き落としで支払った

 

*本当の保険はそんなに早く支払われませんし、商品の仕入や売上は
月に何度も発生しますが、ここでは単純にするためにこのようにしました。
あまり気にしないで次に進んでくださいね。

 

2)仕訳

1)で起こった「取引」をあらかじめ決めてある「勘定科目」を使って
「仕訳帳」に記入していく作業を「仕訳」と呼びます

 

借方(左)と貸方(右)の考え方

仕訳は「取引」を借方と貸方に「仕分ける」ことです。
基本は現金や資産の増加は借方、減少は貸方に記入し、
現金の減少理由の費用は借方、増加理由の収益は
借方に記入されます。

 

借方と貸方の取引は以下のようにまとめることができます。
借方貸方

 

それでは上の1)の取引の仕訳をしてみましょう。

日付

適用

借方

貸方

1月5日 仕入

       現金
     A業者よりQ商品100ヶ仕入

100万円

 

100万円

1月10日 売掛金

       売上
     B商店へQ商品10ヶ売上

150万円

 

150万円

1月15日 車両修繕費

       現金
     業務用車の修理

30万円

 

30万円

1月18日 現金

       車両修繕費
     社用車の修繕費の保険金戻り分

25万円

 

25万円

1月31日 現金

       売掛金
     B商店から売掛金回収

150万円

 

150万円

1月31日 家賃

       当座預金
     家賃の支払い

20万円

20万円

1月31日 光熱費

       当座預金
     光熱費の支払い

3万円

 

3万円

 

借方と貸方の語源

ここで1つ疑問が湧いてきますね。
どうして現金や売掛金・備品などの資産が増える場合に「借方」へ
記入し、買掛金やその他の負債などが増えると「借方」へ記入
するのか?
「貸し」が増えるのが「貸方」で「借り」が増えるのが「借方」である
べきでは?

 

私も簿記を始めた時、どうしてもこのことが納得できませんでした。

 

この呼び方は「英語の直訳」に原因があります。
英語では借方を「Debit」、貸方を「Credit」と呼びます。
「Debit」はDebtorから来ていて、「借主」を意味します。
また「Credit」は「 Creditor」から来ていて「貸主」を意味します。

 

複式簿記が発明された頃、仕訳は債権や債務を記録
するために行われました。お金を貸した時には左側に
借主の名「Debtor」を記入し、返した時には右側に記入したと
言われています。
また、反対にお金を借りた時には右側に貸し主「Creditor」を記入し、
返した時には左側に記入しました。

 

この頃の慣習が残って西洋では「Debit」「Credit」と
呼んでいましたが、日本に複式簿記が入ってきた時
に取引の性質ではなく、英語を直訳してしまったことが
多くの簿記を勉強する人々を混乱させた理由になっています。

 

転記

仕訳が終わると、一定期間の取引を整理しやすくするために
各勘定科目ごとに「総勘定元帳」かこれを簡単にした「T字勘定」に
転記します。

 

この時、どの取引を転記したかが分かるように、日付や記入の
相手勘定も記入しておきます。

 

1)の取引の転記

 

≪総勘定元帳例(現金)≫
総勘定元帳

 

≪T字勘定例≫
T字勘定

 

「総勘定元帳」を作成する時、必要に応じて様々な「補助簿」を作成します。

 

ここで一度記入する「帳簿類」の整理をしてみましょう。
  「帳簿の体系」をチェックする簿記の帳簿体系

 

集計

一定期間の取引が終わると(月次、四半期、半期、年度末等)、
各T字勘定または総勘定元帳を集計し、試算表を作成します。
試算表には資産、負債、資本、収益、費用の5つの簿記の要素が
すべて含まれています。

 

図にするとこのような感じです。
試算表仕組み

 

また、上の1)の例を試算表に表わすとこんな感じになります。
この時左右の合計が一致することが必須です。
試算表例

 

決算整理

決算では「貸借対照表」と「損益計算書」を作成します。
これらは試算表を下のように分解して、「会社の財政状況」と
「会社のもうけ」を表すものです。
図に表わすとこのようになります。

 

簿記決算整理

 

また上の1)の例を貸借対照表と損益計算書に表わすと
このような感じになります。

 

貸借対照表例   損益計算書例

 

ここまでで、1)の取引が22万円の利益を生み、これが資産
を22万円分増やしたことがわかりますね?

 

どうですか?

 

なんとなく簿記の流れがわかりましたか?

 

今では安くて使いやすい会計ソフトが出回っているため、
このような処理を手書きで行うことはあまりありませんが、
そういったソフトを使うにしても、今後簿記を勉強するうえで、
簿記の流れを知っておくことは非常に役に立ちます。

 

とは言え、一度に全部覚えることは難しいと思います。
何度も練習問題をやっていれば覚えていくものなので、
今はぼんやりこんな感じということを理解できれば
OKです。

 

「簿記の基礎」に戻る簿記の基礎

簿記の流れ記事一覧

簿記の帳簿体系

簿記では様々な帳簿を作成します。≪帳簿の体系図≫数が多いこともあって、最初はすごく面倒に感じますが、現実的には会計ソフトに必要事項を入力するだけで、ほぼ自動的にやってくれます。←なので安心してください。でも、会計ソフトがどのように処理しているのかは知っていた方がよいので簿記3級では様々な帳簿への記入...

≫続きを読む

 

主要簿

主要簿とは、簿記の帳簿の中でも、重要で一番基本的な帳簿で、一般的には「仕訳帳」と「総勘定元帳」のことを指します。簿記上の「取引」が発生すると、仕訳帳で仕訳を行い、その後、総勘定元帳に転記するというのが基本的な簿記の流れです。「仕訳帳」と「総勘定元帳」は、最終的には「貸借対照表」と「損益計算書」といっ...

≫続きを読む

 

仕訳帳

仕訳帳は、取引が発生した日付順に、すべての簿記上の取引を記入する帳簿です。≪仕訳帳見本≫現在は、ほとんどの会社で会計ソフトを導入しているので、仕訳帳を使うことはあまりありません。そのかわりに、伝票(入金伝票、出金伝票、振替伝票など)で仕訳を行い、伝票から総勘定元帳に転記する、いわゆる伝票会計すること...

≫続きを読む

 

総勘定元帳

「総勘定元帳」とは、勘定科目ごとに全ての取引を記載する勘定口座を集めた帳簿で、仕訳帳に記入されたすべての取引が転記され、通常月末ごとに残高を計算し、「貸借対照表」、「損益計算書」を作成します。≪総勘定元帳見本≫「総勘定元帳」を簡略化したものを、「T字勘定」Tの字に似ているためこのように呼びますが、使...

≫続きを読む

 

補助簿

簿記上の各取引は、まず「仕訳帳」に記入され、次に「総勘定元帳」に転記されます。これらの帳簿は「主要簿」と呼ばれ、簿記を行う上で必須となります。この「総勘定元帳」ですが、実は短所もあります。各勘定科目の合計や残高は分かりますが、個々の取引の詳細や取引先や商品ごとの内容まではわかりません。たとえば商店で...

≫続きを読む

 

現金出納帳

「現金出納帳」とは、毎日の現金の入金・出金を発生順に記帳して、現金の残高を明確にするための帳簿です。≪現金出納帳見本≫     ダウンロードはこちらから見た目としては家計簿やおこづかい帳などとよく似ています。現金出納帳には、誰に(から)何時どんな目的で使ったか(入ったか)を細かく記入します。総勘定元...

≫続きを読む

 

当座預金出納帳

当座預金出納帳は、一つずつの金融機関とのやりとりを記録します。≪当座預金出納帳見本≫   ダウンロードはこちらからつまり、複数の金融機関と当座取引がある場合は、各金融機関ごとに当座預金出納帳を作成します。現金出納帳とよく似ていますが、違いは、銀行との借り越し契約を結ぶことにより、残高がマイナスになる...

≫続きを読む

 

小口現金出納帳

≪小口現金出納帳見本≫     ダウンロードはこちら「小口現金」の出し入れに関しては、毎日の仕訳はしません。   「小口現金」の仕訳をチェック「小口現金出納帳」は経理担当者ではなく、小口係がl毎日の小口現金の出し入れを詳細にメモしておくための台帳です。何時、何のために、誰に(誰から)出金(入金)して...

≫続きを読む

 

受取手形記入帳

受取手形記入帳は、受け取った手形の詳細を記録する帳簿です。≪受取手形記入帳見本≫      ダウンロードはこちらから手形の受取りから決済までの現状がわかります。受取手形記入帳の最大の目的は、何時、誰から、いくら受取れるのかを整理することです。この帳簿は、情報が多いのでごちゃごちゃしていて、ちょっと見...

≫続きを読む

 

支払手形記入帳

支払手形記入帳は、振り出した手形の詳細を記録する帳簿です。≪支払手形記入帳見本≫      ダウンロードはこちらから記入方法は受取手形記入帳とほぼ同じです。支払手形記入帳を見ると、手形の振出から決済までの(手形が消滅するまで)詳しい情報が分かります。この帳簿は、情報が多いのでごちゃごちゃしていて、ち...

≫続きを読む

 

売上帳

売上帳とは、売上に関する取引を発生順に記録していく帳簿です。≪売上帳見本≫     ダウンロードはこちらから仕入帳にはどのような商品を、1個当たり何円で、合計何個仕入れたがを記入します。摘要欄には、各取引ごとに仕入先、仕入条件、品名、数量、単価などを記入します。なお値引・返品について、実務上は赤鉛筆...

≫続きを読む

 

仕入帳

仕入帳とは、仕入れに関する取引を発生順に記録していく帳簿です。 ダウンロードはこちらから仕入帳には「いつ・誰から・どんな商品を・何個・一個当たり何円で仕入れたのか」を記入します。なお値引・返品について、実務上は赤鉛筆で記入しますが、試験では赤ペンが使えないので鉛筆で記入します。「補助簿」に戻る

≫続きを読む

 

買掛金元帳

買掛金元帳は、仕入先ごとの、買掛金の増減と残高を取引の発生順に詳細に記録する帳簿です。 ダウンロードはこちらから総勘定元帳の買掛金勘定からだけでは、買掛金全体の増減は分かりますが、仕入先ごとの残高がわかりません。そこで、買掛金元帳を作成し、仕入先別に、残高と支払期日を管理します。買掛金元帳はまた、こ...

≫続きを読む

 

売掛金元帳

「売掛金元帳」は「得意先元帳」とも呼ばれ、得意先ごとの『売掛金』の推移や残高が分かる帳簿です。 ダウンロードはこちらから総勘定元帳の売掛金勘定だけでは、売掛金全体の増減は分かりますが、どの得意先に、どれだけ売掛金が残っているかは分かりません。そこで、売掛金元帳を作成し、得意先別に、いつまでにいくら入...

≫続きを読む

 

固定資産台帳

固定資産台帳とは、建物、事務機器、家具などの固定資産を、①購入してから②減価償却(資産の劣化分を金額換算して原価から差し引く)③売却や廃棄といったサイクルを管理する帳簿です。 ダウンロードはこちらから固定資産台帳には以下の項目が記入されます。資産の種類資産の名称取得年月取得価格減価償却方法耐用年数償...

≫続きを読む

 

商品有高帳

商品有高帳は、商品の種類別に何時、いくらで仕入れて、いつ出庫したかを明確にするための帳簿です。 ダウンロードはこちらからこうすることによって、いくらで仕入れた商品が売れたのかが分かるため、後で商品ごとの儲けを計算する際に役に立ちます。このため、払出し時には、売ったときの金額ではなく、かならず買ったと...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 簿記について 簿記の基礎 勘定科目 試験準備 よくある質問 合格のヒント 簿記3級用語集