⑨仕訳(仮勘定)

広告

⑨仮勘定

お金を支払ったり、受け取ったりする時にまだその目的が
確定していない場合には「仮払金」や「仮受金」などの
「仮勘定」を使います。

 

ここでは「仮勘定」の使い方について勉強しましょう。

 

1.従業員が出張するので旅費としての概算額10,000円を現金で渡した。

仕訳仮払金

 

2.出張中の従業員から当座預金口座へ100,000円の振込みがあったが、現時点ではその詳細は不明である。

仕訳借受金

 

3..従業員の主張に際して渡した10,000円の内訳は通信費800円とタクシー代3,500円で残りは現金で返却された。

仕訳仮払金清算

 

4.出張中の従業員から当座預金に振り込まれ、仮受金として処理した10,000円は得意先から受け取った商品の手付金であった。

仕訳借受金清算

⑨仕訳(仮勘定)記事一覧

仮勘定仕訳①

1.従業員が出張するので旅費としての概算額10,000円を現金で渡した。1.借方勘定金額貸方勘定金額仮払金10,000 現金 10,000

≫続きを読む

 

仮勘定仕訳②

2.出張中の従業員から当座預金口座へ100,000円の振込みがあったが、現時点ではその詳細は不明である。2.借方勘定金額貸方勘定金額当座預金100,000 借受金100,000 >

≫続きを読む

 

仮勘定仕訳③

3.従業員の出張に際して渡した10,000円の内訳は通信費800円とタクシー代3,500円で残りは現金で返却された。3.借方勘定金額貸方勘定金額通信費交通費現金8003,5005,700仮払金10,000

≫続きを読む

 

仮勘定仕訳④

4.出張中の従業員から当座預金に振り込まれ、仮受金として処理した10,000円は得意先から受け取った商品の手付金であった。4.借方勘定金額貸方勘定金額借受金10,000 前受金10,000

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 簿記について 簿記の基礎 勘定科目 試験準備 よくある質問 合格のヒント 簿記3級用語集