売上の仕訳

広告

④仕訳(商品の売上と回収)

簿記3級で学習する商品の仕入や売上の記帳方法には
「分記法」と「三分法」があります。
試験で出題されるのはほとんど「三分法」ですが、
両方の違いについては知っておく必要があります。

 

まず2つの違いを下のボタンをクリックして学習してみて
ください。
三分法

 

そのあとで、以下の練習問題を解いてみましょう。

「売上」と「回収」の連数問題

 

1.10,000円の商品を20,000円で売上げ、代金のうち15,000円を現金で回収した。残額は掛とする。(分記法による)

仕訳売上分記法

 

2.10,000円の商品を20,000円で売上げ、代金のうち15,000円を現金で回収した。残額は掛とする。(三分法による)

仕入売掛三分法

 

3.商品100,000円を売り上げた。代金の内、40,000円は手形で受け取り、残額は掛とした。(三分法による)

仕訳売上三分法

 

4.A商店に商品10,000円を販売し、代金は当店が振り出した約束手形で受け取った(三分法による)

仕訳売上手形

 

5.商品10,000円を売り上げた。 既に受領済みの手付金3,000円を除き、残額は掛とした。(三分法による)

仕訳売上前受金

 

6.売掛金30,000円を相手先振り出しの小切手で受け取り、直ちに当座預金に預け入れた。(三分法による)

仕訳売上回収

 

7.売掛金50,000円を、以前に当店が振り出していた小切手で回収した。(三分法による)

仕訳売上回収

④仕訳(商品の売上と回収)記事一覧

売上仕訳①(分記法)

1.10,000円の商品を20,000円で売上げ、代金のうち15,000円を現金で回収した。残額は掛とする。(分記法による)1.借方勘定金額貸方勘定金額現金売掛金15,0005,000商品商品売却益 10,00010,000

≫続きを読む

 

売上仕訳②(三分法)

2.10,000円の商品を20,000円で売上げ、代金のうち15,000円を現金で回収した。残額は掛とする。(三分法による)2.借方勘定金額貸方勘定金額現金売掛金15,0005,000売上 20,000

≫続きを読む

 

売上仕訳③(三分法)

3.商品100,000円を売り上げた。代金の内、40,000円は手形で受け取り、残額は掛とした。(三分法による)3.借方勘定金額貸方勘定金額受取手形売掛金40,00060,000売上 100,000

≫続きを読む

 

売上仕訳④(三分法)

4.A商店に商品10,000円を販売し、代金は当店が振り出した約束手形で受け取った(三分法による)4.借方勘定金額貸方勘定金額支払手形10,000売上 10,000

≫続きを読む

 

売上仕訳⑤(三分法)

5.商品10,000円を売り上げた。 既に受領済みの手付金3,000円を除き、残額は掛とした。(三分法による)5.借方勘定金額貸方勘定金額前受金売掛金3,0007,000売上 10,000

≫続きを読む

 

売上仕訳⑥(三分法)

6.売掛金30,000円を相手先振り出しの小切手で受け取り、直ちに当座預金に預け入れた。(三分法による)6.借方勘定金額貸方勘定金額当座預金30,000売掛金 30,000

≫続きを読む

 

売上仕訳⑦(三分法)

7.売掛金50,000円を、以前に当店が振り出していた小切手で回収した。(三分法による)7.借方勘定金額貸方勘定金額当座預金50,000売掛金 50,000

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 簿記について 簿記の基礎 勘定科目 試験準備 よくある質問 合格のヒント 簿記3級用語集