決算仕訳(現金の過不足)

広告

決算仕訳1(現金の過不足処理)

決算時に現金の帳簿残高と銀行の残高を合わせますが、
入金や出金の未記録によって現金の過不足が生じる
ことがあります。

 

ここではそういった時の仕訳処理を勉強します。

 

1.手元現金を調査したところ、帳簿より1,000円だけ不足していた。

現金過不足

 

2.決算日において、原因不明の現金過不足(借方)が800円があった。

仕訳現金過不足

 

3.現金過不足勘定1,000円の原因は売掛金回収の記帳漏れだった。

仕訳現金過不足清算

 

4.実際の現金残高が帳簿残高より \3,000不足していたため、かねて現金過不足勘定で処理しておいたが、その原因を調査したところ、旅費 \5,000が記入漏れであること、雑費の支払額 \2,400を、\4,200と誤記入していたことが判明した。なお、その他については原因不明のため、雑損または雑益として処理することとした。

仕訳現金過不足

決算仕訳1(現金の過不足)記事一覧

現金過不足仕訳①

1.手元現金を調査したところ、帳簿より1,000円だけ不足していた。1.借方勘定金額貸方勘定金額現金過不足1,000現金1,000

≫続きを読む

 

現金過不足仕訳②

2.決算日において、原因不明の現金過不足(借方)が800円があった。2.借方勘定金額貸方勘定金額雑損800現金800

≫続きを読む

 

現金過不足仕訳③

3.現金過不足勘定1,000円の原因は売掛金回収の記帳漏れだった。3.借方勘定金額貸方勘定金額現金過不足1,000売掛金1,000

≫続きを読む

 

現金過不足仕訳④

4.実際の現金残高が帳簿残高より \3,000不足していたため、かねて現金過不足勘定で処理しておいたが、その原因を調査したところ、旅費 \5,000が記入漏れであること、雑費の支払額 \2,400を、\4,200と誤記入していたことが判明した。なお、その他については原因不明のため、雑損または雑益とし...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 簿記について 簿記の基礎 勘定科目 試験準備 よくある質問 合格のヒント 簿記3級用語集