第2問帳簿記入

広告

②第2問帳簿記入

第2問(~10分)

 

第2問では「補助簿の記入」や「補助簿の選択」問題の
出題が多く、次に「勘定記入」、「仕訳問題」の順で出題されています。

 

「補助簿記入」

 

「補助簿記入」では、

 

「商品有高帳」、
「売掛金・買掛金元帳」、
「受取・支払手形記入帳」、
「現金出納帳」、
「小口現金出納帳」、
「当座預金出納帳」、

 

が考えられます。

 

中でも「商品有高帳」の問題はよく出題されます。

 

売上時の「先入先出法」(FIFO)、「後入先出法」(LIFO)*
記入ができるようにしておきましょう。
   *FIFOとLIFOのちょっと知っとく?話

 

また、ここでよく見られる引っ掛けに、「売上の値引」きがあります。

 

売上値引きは商品の仕入値には関係がないので、
商品有高帳への記入はありませんので注意が必要です。

 

「商品有高帳」と一緒に売上利益を聞かれる可能性がありますので、
この計算もできるようにしておくとよいでしょう。

 

他の補助簿の作成問題も一通りできるようにしておきましょう。
この場合、各補助簿の締め切り方もきちんと練習しておきましょう。

 

「勘定記入」については、出題された取引をもとに補助簿を完成させますが、
左右の金額を一致させることと、解答用紙に記入されている
他の補助簿名など、ヒントが隠れている場合がありますので、
忘れずチェックするようにしてください。

 

「仕訳問題」

 

「仕訳問題」では、訂正仕訳や決算振替仕訳に慣れておくとよいでしょう。

 

「訂正仕訳」では計上すべき勘定科目の誤り、貸借反対、
金額の誤りなどのパターンが考えられますが、
すべて正しい仕訳ができることが前提となりますので、
自分で正しい仕訳を切る練習をしておきましょう

 

簿記3級出題傾向トップページへ戻る簿記3級出題傾向

第2問帳簿記入記事一覧

先入先出法(FIFO)と後入先出法(LIFO)の話

商品の仕入れ時の記入方法には、元々先入先出法しかなかったのですが、物価が急激に高くなると、商品を売った後で、同じ商品を仕入れる場合の費用が増えます。先に売った商品の原価をもとに、儲けに対して税金を支払ってしまうと、次の仕入をすることが苦しくなってしまいます。このため、西洋では、帳簿を公開用のもの(会...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 簿記について 簿記の基礎 勘定科目 試験準備 よくある質問 合格のヒント 簿記3級用語集