簿記3級最短合格への道

広告

勉強苦手な私の「とっておき勉強法」教えちゃいます

私の簿記3級攻略法

ここだけの話、実は私は学生時代できのよい生徒では
ありませんでした。(とほほ・・・)
(今も自分の記憶力の悪さには辟易していますが。。。。)

 

学生の頃の私は、クラスでも先生の説明はほとんどわからないし、
まして本なんて読んでも「ちんぷんかんぷん」。
資格を取ろうとして勉強を始めても大抵の場合第一課で
挫折していました。

 

そんな私でも今まで色々な資格を取ってきましたが、
それはある方法を使ったからです。

 

その方法はというと・・・
名付けて「リバース学習法」←じゃじゃーん。
ちょっとカッコいい名前でしょ?
でもくれぐれも言っておきますが、私には通用する方法ですが、
あなたにも通用するかどうかは保証しませんよ。

 

「リバース学習法」~勉強苦手な私の合格法~

リバースとは「裏返す」という意味です。
すなわち、私はテキストを勉強して問題集をやるという
普通の順番ではなく、問題集をやって答えを覚えていくという
逆の方法を取ってきました。

 

わかりやすく言うとこんな感じです。

 

 1.問題集の問題を読む
      ↓
 2.答えを見て覚える
      ↓
 3.説明が必要な時だけテキストを読む
      ↓
 4.問題が全部正解になるまで問題集を最低3度はやる。
(ただし最初から理解できたところは飛ばしてやる)

 

とこんな感じです。

 

私はこれを米国公認会計士や、TOEIC、公認内部監査人などの
受験にも適用しました。
これは、覚える内容にヌケやモレができるのであまりおススメな
勉強方法ではありませんが、これまでの色々な資格経験で、
問題集(特に過去問)を完璧に出来るようにすれば、応用できる
問題が多かったように感じます。

 

まあ、なんだかんだ言っても人それぞれ能力の限界というものが
ありますので、私のような勉強大嫌い人間には合っていたということです。

 

もし、この方法で勉強される場合は、私と同じように(??)
後でしっかり時間をかけてヌケやモレのあったところを勉強
し直しましょうね。 

 

正直「あの資格持ってるならこのくらい知ってるでしょ。」なんて
こともありましたが、それは「必要は発明のなんとか」で
後で必死で勉強しました。<汗>


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 簿記について 簿記の基礎 勘定科目 試験準備 よくある質問 合格のヒント 簿記3級用語集