簿記3級用語集(や行)

広告

簿記3級用語集(や業)

 

簿記3級用語集(や行)のページです。
≪や≫

用語

ふりがな

意味

約束手形 やくそくてがた 手形の振出人(支払人)が、受取人に対し、手形に記載された金額を記載された日付までに支払うことを約束した証券のこと。

≪ゆ≫

用語

ふりがな

意味

有価証券 ゆうかしょうけん 会社が発行する 株券や社債、国が発行する国債、地方公共団体が発行する地方債等のこと。
有価証券の評価替え ゆうかしょうけんのひょうがえ 期末時点で保有している 有価証券の 帳簿価額を 時価に修正すること。
有価証券利息 ゆうかしょうけんりそく 国債や地方債あるいは社債に対し支払われる利息のこと。
有価証券売却損(益) ゆうかしょうけんばいきゃくそん(えき) 有価証券を売却した時に生じる売却損または売却益のこと。
有価証券評価損(益) ゆうかしょうけんひょうかそん(えき) 決算時に有価証券の価値が帳簿価格を下回った時、評価替えをして計上される損失のこと。
有形固定資産 ゆうけいこていしさん 建物や設備などの物質的な長期間の使用を目的とし所有している 資産のこと。⇔無形固定資産
郵便為替証書 ゆうびんかわせしょうしょ 現金の代わりとして支払い等に使うため、郵便局等で購入できるただちに換金できる証券のこと。

≪よ≫

用語

ふりがな

意味

預金 よきん 銀行などに預けているお金のこと。
翌期 よくき 今期の次の会計期間のこと。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 簿記について 簿記の基礎 勘定科目 試験準備 よくある質問 合格のヒント 簿記3級用語集